2017年08月18日

キャロウェイのビックバーサヘブンウッドの評判

キャロウェイゴルフの「ビックバーサ ヘブンウッド」のショットは試し打ちしましたか?
「ビックバーサ ヘブンウッド」はユーティリティ市場での売り上げがトップクラスですが、その人気の要素としてはシャフトのラインナップとバリエーションが豊富なところだと思います。

ビックバーサヘブンウッドはビギナーゴルファーからトッププロまで幅広く使われていて支持されています。
アイアンが苦手な人や、スイングにおけるヘッドスピードが遅い人、レディースゴルファーにとっては4Hや5Hのロフトが大きいスペックが人気です。

そんなゴルファーからの要望でもあるミドルアイアンの代わりにヘブンウッドを使用したいと言うリクエストから、ロフト29度の「6H」と32度の「7H」もラインナップされています。

「6H」は6番アイアン、「7H」は7番アイアンと同等の飛距離がショット出来ますが、アイアンよりも重心が深い所にあり、高弾道となるボールが上がりやすい使用となっていますのでレディースゴルファー、ビギナー、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも正確に、より遠くへショットすることが出来るのです。

キャロウェイゴルフの「ビックバーサ ヘブンウッド」は、アイアンの良い所とフェアウェイウッドの良い所を合わせ持つウッドです。

「ビックバーサ」とは知ってる人も多いと思いますが、キャノン砲からネーミングされたモデルで正確に、より遠くに飛ばすと言う意味を持っています。
「ビックバーサ ヘブンウッド」で苦手なショットを得意なショットに変化させましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。