2017年12月16日

キャロウェイのゴルフクラブ「レガシー」

キャロウェイゴルフは2008年にキャロウェイでは8年ぶりのニューブランド「LEGACY(レガシー)」を発表しました。

「LEGACY」はドライバーとゴルフボールの発売をする2008年春をスタートに日本に中心にしたアジアのいろんな国で展開されるキャロウェイの専用モデルです。

2007年には創立25周年を迎え、記念モデルの「FT-i 25th Anniversaryドライバー」を発売する予定ですが、既にプロ、アマチュア問わず好評なラインナップ「ハイパーE・R・C」、「FT-i」「FT-5」「X-20」なども充実しています。

25年間の歴史においてのキャロウェイゴルフの技術力はプロゴルファーや一般のゴルファーの間で高い評価を得ています。

2008年は、ドライバースプリング効果のルールが施行される最初の年でもあります。

「LEGACY」の発表は25周年を迎え、また新たなる25年(四半世紀)に向けた区切りの年にふさわしく、高性能、高品質な商品が期待できることでしょう。

「LEGACY」と言うブランド名には、「遺産、伝承」のネーミングの意味があり、キャロウェイゴルフが四半世紀で実績を上げ続けてきた技術力と実現、しかし現状に満足せず更に進化させ続けて行こうとする決意が現れていると思います。

2008年2月には「LEGACYドライバー」が、4月には「LEGACYゴルフボール」が発売されますが、全てのゴルファーのレベルアップに貢献し続けるキャロウェイゴルフの新商品はこれからも楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。