2017年12月16日

キャロウェイゴルフの契約プロゴルファー

アメリカに最大のゴルフメーカーのキャロウェイゴルフと契約している契約プロの最近の活躍には目を見張るものがあります。

キャロウェイゴルフの高性能、高品質なゴルフアイテムがあってこそなんでしょうが、当然プレイヤー自身の努力による実力も本物と言う事だと思います。
ゴルフ好きの人であれば誰もが知っている有名なプロゴルファーばかりですがちょっと紹介します。

フィル・ミケルソン
カリフォルニア州サンディエゴの出身
マスターズ・トーナメントでは2004年に悲願となるメジャー大会初優勝を成し遂げ、以降通算で「3勝」をしている。

左利きである為、ファンには「ビッグレフティー」との愛称で呼ばれてますが、日常の生活は右利きだそうです。
世界ランキングにおける自己最高位は2位。

アニカ・ソレンスタム
スウェーデンストックホルムの出身
誰もが知っているレディースプロゴルファーですがLPGAツアーは2007年10月現在で通算69勝、賞金女王も通産8度の大ベテランです。

上田桃子
忘れてならないのが2007年賞金女王の日本人レディースゴルファーの上田桃子です。
桃尻桃子の愛称でいつもキャロウェイゴルフのキャップを被り「凛々しい」ですよね、熊本県熊本市の出身

2007年は上田桃子の持っている本来の実力を発揮する機会が多く2007年賞金女王に輝きました。

アーニー・エルスやチャールズ・ハウエル、マイケル・キャンベルなど一流のプレイヤーもキャロウェイのゴルフクラブを使っている契約プロです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。